テクノサービス

ホーム 会社概要 事業内容 保証  スタッフ お客様の声 お問い合わせ

TEL:088-677-5177

ライン

エコキュート・IH編 太陽光編 リフォーム編 塗装編 雨漏り編 お客様サポート

雨漏り対応

<O様よりいただきました>
 
効率よくリフォームするコツ!時期と予算は?【徳島では】

新築後20年も経てば、様々な箇所が痛んできます。しかし、プロでない私たちにとって、それがリフォーム
の時期
なのかの判断がつきにくいものです。

そこで今回は、賢くリフォームする方法を費用や年数、タイミング別に考えてみたいと思います。

 
リフォームを考える時期とは

今回、私がリフォームについて考えたのは、まずは築年数です。
我が家の場合、ちょうど20年前に徳島県に転勤が決まりマイホームを新築で購入しました。
あの時、産れた長女も今年で20歳です。

仕事の方も順調でやっとまともに休みが取れるようになり、休日に家の掃除をしていた時のことです。
外壁周りのあちらこちらにクラックが入っているのを見つけたんです。
「雨漏りは大丈夫かな?」
たちまち不安になりました。

素人の私にとってこれが、どれほどの問題なのかよくわからないので今回は、徳島のリフォーム業者テクノサービスさんに、チェックを依頼する事にしました。

現在、リフォームに取り掛かってはいないのですが、専門家の意見を参考にわかった点をまとめてみたいと思います。

目的別にリフォームを考える。
今回、点検をしていただいたテクノサービスさんはとても親切で、結論から言うと、外壁のサイディングのクラックを数か所、コーキング補修するだけで済む言う判断です。

幸いサイディングボードの継ぎ手の部分の塗装が割れている程度でした。費用も、足場込でも10万円程度のものです。

もう少し放置していると下地からリフォームする事になっていたかもしれませんが、今回は相談が早っかったので簡単な補修で大丈夫とのことです。

さて、リフォームを目的別に考えると言う事ですが、まずは今回のように老朽化による箇所を補修する『メンテナンスのためのリフォーム』と、生活条件により考えると言うことの2つがあります。

2つめの生活の条件から考えると言うのは、例えばうちの場合、長女と次女が二人で一部屋を使っているのですが、一人一部屋ずつにしようとしたとき若干、入り口を改装してあげなければなりません。
また、わたしの両親も年をとってそろそろ同居も考えています。

二世帯やバリアフリーなどを考慮した『生活条件のためのリフォーム』を考えると言う事です。

 メンテナンスのためにリフォームを考える。

それでは、まず家の老朽化による歪みや雨漏りなどによるメンテナンスのリフォームについて聞いてみました。
この場合、不備が出てから時間が経つにつれて深刻化し、余計な費用がかさんでしまいます。気になるところがあればできるだけ早く対応するに越したことはありません。

では、いったい、どんな箇所が、どれくらいの期間で劣化するのでしょうか?

【台所】1020年が目安

台所は毎日の生活で一番長時間使う場所ではないでしょうか?
それに、水を使ったり、火を使ったりするので温度により建物の下地まで痛みやすい場所です。
さらにはガス管や水道管が壁の内側を通っている場合、早めのメンテナンスが必要です。

【風呂・脱衣所】1015年が目安

こちらも台所同様に、水と火の両方を使います。さらに湿気が充満しやすことからほおっておくとカビや素材の腐食で大変なことになります。専門家の点検を依頼することをおすすめします。

【トイレ・洗面】10年〜15年が目安

意外と多い壁面への水漏れがあります。少しずつ湿っていくので見た目では気が付かず大がかりなリフォームが必要になる場合があります。早い段階だと便器や、洗面台の交換だけで済むことも多々あるので注意が必要です。

【リビング・居室】1520

こちらは使い方で、ある程度長持ちする場所ですが油断は大敵です。建具のゆがみや建てつけ不良が現れ出します。

外窓の立てつけには注意しておくことが大切です。

【外壁】モルタル、サイディング共1520

1年中雨風に晒されている外壁、どんなに防水処理をしていても劣化は免れません。外壁を早めにメンテナンスする事で家自体の土台部分を守り、家を丈夫なまま保つことができます。

【屋根】瓦2030年、金属素材1015

屋根も外壁同様、家を守る重要な部分です。早めの点検が大切です。

生活条件のためのリフォーム

つぎに考えるリフォームのタイミングは、ライフスタイルによるものです。
こどもの年齢や同居する家族構成によるものです。
新築当初とはさまざまな条件が変わってくるものです。

こどもの進学に合わせて部屋の間仕切りの変更や模様替え、ご両親との同居による2世帯化やバリアフリーなどの大がかりなものまで。

この場合は、あれもこれも欲張るより、目的をしぼって重点的に費用をかける方が案外、安上がりに仕上がるものです。

リフォームのまとめ

今回、外壁周りのクラックの発見から始まり、いろんなパターンのリフォームを徳島市の業者さんに相当な回数、出向いていただいて相談しました。

大切な我が家を守る為、計画的にリフォームを考える事ができました。
まだ、計画の段階ですが、テクノサービスさんのスタッフさんも気長にお付き合いしてくれています。

素人ながらに、かなり詳しくわかるようになりました。

相談の時点ではすべて無料です。

みなさんも気になることろが見つかれば、納得いくまで相談してみると良いのではないかと思います。

戻る
(お客様の声)